ヴィンテージ GMTマスター / ヴィンテージ ロレックス 専門店 by クォーク

ヴィンテージ GMTマスター
ConceptSupportStock ListMaintenanceSell Your WatchContact UsShop List


ROLEX GMT-MASTER / ロレックス GMTマスター

1955年、アメリカのパンナム航空の国際線パイロットのために開発されたのがGMTマスターです。

ファーストモデルであるRef.6542は、ベゼルシールにプラスチックを採用していましたが、コックピット内の環境への耐性が考慮され、間もなくアルミ製に変更されました。

また、パンナム航空以外の航空会社からも正式採用されるなどパイロットへの供給がメインで市場への流通が限られていたため、プラスチックベゼルのRef.6542はコレクターズアイテムとなっており、特にベゼルの状態が良い個体は枯渇している状況です。

1960年になると2代目のRef.1675が発表されますが、移行期に生産されたモデルは、ミラーダイヤルやミニ針といったRef.6542に採用されたディテールを残しており、ヴィンテージ市場では評価のポイントになっています。

他のモデル同様、艶のあるミラーダイヤルは人気ですが、気軽に使用できるマットダイヤルの人気も上昇しておりセグメント化も進んでいます。

また、GMTマスターはコンビやゴールドモデルの流通量も比較的多く、現行モデルとは異なるヴィンテージならではの高級感を愉しむことができます。
In 1955, ROLEX developed "GMT-MASTER" in cooperation with "Pan American World Airways".

The first GMT-MASTER "Ref.6542" had been featured plastic bazel, but the bazel was altered aluminum plate later because of its durability.

The Ref.6542 with plastic bazel is extremely rare & valuable, because it had been sold only for airline companies.

In 1960s, the second generation "Ref.1675" had been released. At the beginning of Ref.1675 production run, it featured Ref.6542 like style such as gilt dial and mini 24-hour hand, and those valuable details has affected prices materially.

Same as other vintage ROLEX, gilt dial is very popular, but matte dial is getting more popular, too.

Some other material variations of GMT-MASTER such as yellow gold or steel & gold are in circulation, and those provides high-class feeling that is special to vintage ROLEX.







Sports Models

Standard Models