ヴィンテージ デイトナ / ヴィンテージ ロレックス 専門店 by クォーク

ヴィンテージ デイトナ
ConceptSupportStock ListMaintenanceSell Your WatchContact UsShop List


ROLEX DAYTONA / ロレックス デイトナ

1988年の手巻きデイトナ(Ref.6263・6265)生産終了に端を発したデイトナ人気は、いまだ世界規模で継続し、デイトナは「キング・オブ・クロノグラフ」と謳われるほど世界中の時計ファンから高い支持を獲得しています。

中でもヴィンテージ・デイトナは、世界中に熱狂的なコレクターが存在するほどの加熱ぶりで市場価値は年々高まっており、ヨーロッパを中心に研究も進められています。

1963年~1988年の間に生産された手巻きムーブメントを搭載するヴィンテージ・デイトナは、リファレンスごとに第1世代~第3世代に分類され、特殊なダイヤルがセットされたモデルやどの世代にも属さないリファレンスが与えられたモデル、イエローゴールドモデルなど多彩なバリエーションが存在します。

また、1950年代に生産されたデイトナのルーツとなるクロノグラフ(Ref.6238)やゼニス社のエル・プリメロを搭載し、パーペチュアル(自動巻き)化を果たした第4世代モデル(Ref.16520)の初期ロット(レア・ディテールを備える個体)もヴィンテージとして取り扱います。
"DAYTONA fever" has been started when ROLEX company discontinued the production of "manual wind DAYTONA" in 1988.
Today, "DAYTONA" became one of the most favored watch as "The King of Chronograph" all over the world.

Especially, the rise of vintage DAYTONA price has been continuing because of hardcore collectors. Also, a lot of researchers keep studying Vintage DAYTONA mainly in Europe.

Vintage DAYTONA is divided into three generations.
In addition, there is huge variety stemming from rare dial designs, rare reference numbers and case materials.

Moreover, We deal in Chronograph Ref.6238(Pre DAYTONA produced in 1950s) and the 4th generation DAYTONA which was using Zenith "El Primero", too.







Sports Models

Standard Models